定期預金よりタンス預金かも

Closed

タンス預金とは、銀行など金融機関にお金を預けないで、自宅にしまっておく、お金のことをいいます。その場所が主にタンスなので、この名前が付いたことと思われます。タンス預金をしている人の多くは高齢者です。そのわけは、お金が手元にないと不安だという人。銀行や郵便局などが行くのが面倒だという人。銀行の定期預金などは信用出来ないという人などです。

このお金は自宅から外へは出ないので、外へ出て働くことは出来ません。例えば、企業が事業活動をするのに、お金が必要だと言っているところへ行って、これを助けるということは出来ません。タンス預金が増えて来ると、市中に流通するお金は少なくなって来ます。当然お金を借りたくても、借りることが出来ない企業も出て来て、最悪倒産します。怖いのは災害、地震や火災と盗難です。銀行に預けておけば、災害で通帳が無くなっても、本人だという証明が出来れば、通帳は発行され、お金を手に入れることができます。

タンス預金は、自宅に隠れているお金なので、知られたくないお金ということで、「隠し金」という意味でも使われています。収める税金をごまかして、税務署に知られたくないお金、犯罪や不法行為で得たお金も、タンス預金の仲間に入っています。同じ隠し金でも、ヘソクリはこの仲間には、入りません。こんな話も耳にしました。聖徳太子が描かれている旧1万円札が14兆円、日本銀行に戻っていなそうです。ドイツでもマルク紙幣が9,200億円分、ユーロに両替されていないそうです。

まだ銀行が無かった江戸時代、銀行業務はどのようにして行われていたのか、また、金持ちは、お金をどのようにして災害や盗難から守っていたのか、その答えも探しました。